« 2015年3月 | メイン | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

初めてのレザークラフト

Img_0623

いろいろ検索してたら、みつけました。

ちょうど使ってる財布がボロボロになってきたので、新しいのが欲しいなと思い、どうせなら作ってみるかとキットを購入しました。

まったく経験はありませんが、何となく作れそうな気がしたのです。

手作りは好きですが、懲りすぎるのはやる気がないので、極めることはないと思います。手早く簡単なものが作ってみたいです。

別子銅山跡(東平ゾーン)を訪ねて

Dsc01010

Dsc00991

東洋のマチュピチュというキャッチフレーズのこの場所。ガイドさんによると旅行会社の人がネーミングしたそうです。

Dsc00999

透明アクリル板のラインに沿って山々が見えるはずなんですが、あいにくの濃霧です。

Dsc01013

Dsc01029

Img_06202

Img_06192

Img_06212

Img_0624

きつい労働だったけど、確かにそこには家族の絆や幸せがあったのだと思います。

銅山の福利厚生はとてもしっかりしたもので、病院や娯楽、あらゆるものが当時の最先端であったそうです。住友という企業は、働いている人たちをとても大切にしていたようです。

ガイドさんがいないと何が何だかわからなかったと思います。

Img_0630

Img_0627

無料で見られる資料館の展示です。

Dsc01047

このパネルを曲がってからが、細いくねくねした道です。運転できないこともないのですが、怖いですね。最初にマイクロバスで通った時は、無事に帰れるかなとチラッと思いました。

Dsc00986

マイントピア別子から出てる定期観光バスです。

Dsc01042

離合がたいへんなんですが、こういう時、バイクはいいですね。

驚いたのがこの急斜面の道を自転車で来ている強者がいたことです。しまなみで国際サイクリング大会が成功してから、東平(とうなる)まで上がってくるサイクリストが増えたそうです。

それまではいなかったとガイドさんが説明してくれました。

Img_06172

ここからバスに乗りました。

Img_06152

バスチケットについていた割引券で「いよかんソフト」を買いました。

ご当地ソフトに弱い私です。

あまりにも楽々と短い時間で行けてしまいました。この山道を徒歩で歩いた人のブログを見るとかなりきつそうですが、たくさんの史跡の写真が載っていました。今はネットでいろんな人が写真をupするので行ったことのない場所もわかりやすくなりました。

それでも実際の自分の体験はいいものです。ネット情報のおかげでいろんな場所に行く敷居が低くなっています。

2015年4月29日 (水)

ルピナスの花畑

Dsc00965

Dsc00979

Dsc00977

Photo

愛媛新聞の記事を夫がみつけて私に教えてくれたので、出かけてきました。

フジの花に似てるだけあって熊蜂がブンブン飛び交っていて甘い香りがしました。近くの道路には車が何台も止まっていたのですぐにみつけることができました。

小島について

Dsc00800

後で自分で撮った写真を見て気づいたんですが、案内図①の探照灯跡を見落としてました。

Img_06082

後からチャーター便でツアー客が来たんですが、この人たちはガイド付きなので見落としはなかったと思います。

Dsc00816

Dsc00817

廃屋もあちこちにみられます。離島だけどいわゆる定住促進の対象地域ではないようです。

ただキャンプ場や海水浴場、史跡があるので人の出入りがなくなることはないし、いずれ定住者がいなくなってもいわゆる無人島になることはないのだろうと思います。

野鳥の知識がない私ですが、きれいな鳥たちのさえずりが聞こえ、バードウォッチングや森林浴、釣りをするのによい場所だと思いました。

Dsc00944

釣り客はよく来ているようです。こういう人たちは史跡にまったく興味がないみたいです。

夫も実は若いころは釣りに来たことがあり、当時は史跡は山中にあるもののほったらかしで整備もされておらず、草ボーボーのけもの道を入ってまで観に行きたいとは思わなかったそうです。

私が行かなかった「風の顔ランド・小島」と書かれた道側には、来島のすごい渦潮が見えるスポットがあるそうです。夫によると「落ちたらまず死ぬだろうというすごい渦が見える」そうです。柵はありません。でもまあ普通に歩いてて気を付けてたら落ちることはないでしょう。

さすがに再びこの島で二時間・・・はすぐに行く気にはなれませんが、間をあけてもう一度訪ねてみたい気もします。

2015年4月28日 (火)

小島の芸予要塞に行ってきました

Dsc00810

Dsc00811

大久野島に行ってから、こういうのどこかで見たことあることに気づき小島に思い当りました。ネットでしか見たことのない島へ行ってみることにしました。うさぎもいないし、休暇村もなく、あるのは港に自販機が一つだけ。それでも史跡はこっちのほうがたくさんあると思います。

Dsc00839

Dsc00847

Dsc00854

Dsc00862

Dsc00866

Dsc00872

Dsc00829

Dsc00880

Dsc00894

Dsc00897

Dsc00907

Dsc00913

Dsc00925

Dsc00931

Dsc00954

Dsc00958

Dsc00961

廃墟のノスタルジーというか、過去への郷愁を感じます。自分が生まれる前のはるか遠い時代へ思いを馳せます。その人たちの魂はどこにいったんだろうと。

Dsc00798

波止浜港から小さな船に乗って島に行くことができます。少ないですが人が生活しているし、郵便屋さんも通っています。定期船です。

一度上陸したら、次の船まで二時間、陸地に戻ることはできませんが、歩いて史跡めぐりするとちょうどいい滞在時間だと思いました。

バイオレットが咲き始め

Dsc00792

Dsc00793

サフィニアアートのバイオレット。ラベル通りの花が咲き始めました。光の当たり具合で伸び具合が変わるので鉢を定期的に回したほうがいいのですが、何もしないのでこんな感じです。

耕三寺に行きました

Dsc00784

Dsc00723

拝観料というか入場料が1200円は迷いました。でもせっかく来たのだし、また来るかどうかもよくわからないので見ておくことにしました。

Dsc00742

とても色鮮やかで、和風? よくわからんけど台湾とかタイの寺院ってこんな感じだろうか?と感じたりしました。

Dsc00747

今のこの時期のこの場所の魅力は新緑のもみじでしょうか。紅葉の時期に来たらまた違ったよさがあると思います。

Dsc00763

「未来心の丘」という大理石のオブジェの場所から

Dsc00756

素晴らしい景色が広がります。

Dsc00752

白い大理石とオリーブが、何となく地中海を思わせます。

Dsc00769

藤棚もきれいでした。

Dsc00780

涼しい洞窟というか地下道もあります。東南アジア風寺院、地中海エリア、そして洞窟。耕三寺は魅力的な場所でした。

Dsc00785

しおまち商店街も心惹かれるものがありましたが、時間が限られているので帰路につくことにしました。いっぺんに欲張らず、たどりつけたことを喜ぼうと。

今更なんですが、西瀬戸自動車道が全線開通してもうすぐ16年。今治から便利に本州にわたるくらいにしか考えてなかったんですが、魅力がだんだんわかってきた今日この頃です。

健康でいられるうちに、いつか自転車で渡るのもトライしたいです。いつになるかわかりませんが。

2015年4月27日 (月)

瀬戸田SA,PA

Img_05912

Img_05922

迷わずはっさくソフトを注文。ミックスにするとどちらの味かわからなくなるし、塩ソフトは他で食べたことがあります。

Dsc00638

とてもいい長めです。橋の造形美が美しいです。

Dsc00639

上りのサービスエリアです。

Dsc00787

こちらは下りの自販機だけの瀬戸田PAからの景色。何気に眺めていると

Dsc00788

オリーブ畑発見! 高速のPAにいるので一般道に降りることはできず。まあ近くで見たからどうということはないのですが、オリーブは小豆島だけではないし、除虫菊畑も小豆島にあるみたいです。因島のほうが近くて行く用事もあるので観に行けます。

瀬戸内海沿岸はやっぱり気候がいいんですね。

    

因島土生町商店街を散策

Img_05972

Img_05992

食べログで見ていた西華園に行ってみる。11時からだと思っていたら11時半からでした。メニューは悩んだけどAランチ。初めての店だからありきたりなものを頼もうと思いました。昔ながらの食堂という感じの中華そばと酢豚。見た通りの味でおいしかったです。

Dsc00719

Photo

松愛堂というところでスイーツを買いました。暑いので生ものはやめとこうと思いつつ、はっさく大福は外せず。保冷剤を入れてくれました。

Img_05962

もっと華やかなマンホールがあるはずなんですが、これしかみつけられず。かわいいです。

Img_05952

こういう電柱があちこちにあります。色あせてますがいい感じです。

Img_06012

Img_06022

土生港に植えられていた除虫菊。まだつぼみです。これから見頃なんですね。五月の大型連休くらいにはきれいに咲いてるかもしれません。

因島の除虫菊を観に行ってきました

Dsc00678

Dsc00664

因島フラワーセンターをカーナビに入れてしまなみを走ってきました。撮影に来てたのは私と男性一人だったので車を置くことができました。

フラワーセンターの除虫菊がまだ見頃ではなかったので段々畑はあきらめてたんですが、せっかく来たので行ってみることにしました。

Dsc00682

Dsc00697

Dsc00689

満開になったらもっときれいでしょうが、この時点でもきれいです。

一眼を抱えていた男性が「早すぎましたね」と声をかけてきました。「休みに入ると人が多いから今日来たんです」と私が言うと「僕もそうなんですよ」と話してました。

その人はいろんなアングルからいいショットを撮ろうとしてましたが、私はパシパシと下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる式に撮ってきました。フラワーセンターや重井西港の駐車場から歩くと、人にも寄りますがちょっときつかったと思います。とにかくたどり着けてよかったと思いました。

Dsc00790

因島観光協会から送ってもらった種から育てた我が家の除虫菊です。

ほんの1㎡くらいでいいから除虫菊を咲かせたいと思っています。

これから行かれる方はチャンスです。見頃はこれから! 29日には撮影会があると因島観光協会のHPに出てました。私も本当はそっちに行きたかったんですが、無理があるので今日行ってきたのです。次いつ行けるかわかりませんが、来年は絶対見頃に行きたいと思っています。

プロフィール

フォトアルバム

まるこみあ

ぐうたらだけど好奇心旺盛な地方の主婦。

アクセスランキング

Instagram
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村
Flag Counter