« 零れ種のサフィニアとネモフィラ | メイン | ワンコの嫉妬 »

2016年4月 1日 (金)

千の夏と、ひとつの冬―「運び屋」の物語

51avdt4w9ol__sx310_bo1204203200_

このお話、少女漫画のような少年漫画のような小説で、とても面白かったです。

ラストからあとがきのあたりでくどいくらいのネタバレと種明かしがありましたが、それもこの小説が指南本の意味も含まれているからです。

Amazonのレビューでも投稿すればいいのかと思ったりもしたけど、ここに載せます。電子書籍オンリーで安価なのも魅力でした。

確かにネットに素人の人の面白い小説があふれてはいますが、やっぱりこちらはプロだと思わせる何かがありました。お金取ってるからかな・・・・

あやえもんさんの本は高いので買ったのはこれだけで、あとはサイトを読んで無料メールマガジンを読んでます。

本気で小説家になれるとは、かけらも思ってませんが、自分の溢れ出る思いとか何かを文章にしてどこかにあげてみたいという欲求があって、そういうのを小説にできないかと思っているのです。

指南本としてよりも、単純に読みやすく面白かったです。このストーリーは・・・・

関係ないけど最近になって氷室冴子さんが亡くなってることを今更知り、「なんて素敵にジャパネスク」は面白かったと思い出します。友人に面白いからと無理矢理貸してあげると押し付けられ、渋々読み始めた本でしたが、相当面白かったです。

つまり、この小説はそういう軽妙なノリで読めるということです。

千の夏と、ひとつの冬-「運び屋」の物語

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/642849/33784915

千の夏と、ひとつの冬―「運び屋」の物語を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

まるこみあ

ぐうたらだけど好奇心旺盛な地方の主婦。

アクセスランキング

お気に入り

Instagram
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村
Flag Counter