« アドラー心理学 | メイン | 嫌われる勇気 »

2016年4月 4日 (月)

アダルトチルドレンと「花より男子」

アダルトチルドレンの主なタイプ

  1. マスコット(ピエロ、クラウン、道化師):おどけた仮面を被って不安を隠してきたタイプ→西門総二郎
  2. ケア・テイカー(世話役):親や周囲の面倒を見てきたタイプ→美作あきら、江戸川音

  3. ヒーロー:家族の期待を一身に背負ったタイプ→牧野つくし

  4. スケープ・ゴート(身代わり):家族の問題を行動化するタイプ→道明寺司

  5. ロスト・ワン(ロスト・チャイルド、迷子、いなくなった子):存在しないふりをして生きのびたタイプ→花沢類

何気にアダルトチルドレンをWikiで読むと花男の登場人物が思い浮かびました。

アダルトチルドレンとは「機能不全家族」で育ち、成人してもなおそのトラウマをもつ人ということらしいのですが、どのタイプも「花より男子」の登場人物とある程度イメージが重なったりしました。

アドラー心理学を思い出そうとして流れで読んだのですが、なんとなくどの子も親に問題がありそうだな~と・・・・

問題のない家庭なんてないのが当たり前かもしれません。

音が2のような気がするのですが、他はよくわかりません。

花晴れの男性キャラはどこに入るのかあるいは当てはまらないのかまだピンときませんね。

にほんブログ村 花・園芸ブログへ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/642849/33788393

アダルトチルドレンと「花より男子」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

まるこみあ

ぐうたらだけど好奇心旺盛な地方の主婦。

アクセスランキング

お気に入り

Instagram
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村