« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

セブンイレブンの中華丼

Dsc02937

昨日の昼は、セブンイレブンの中華丼を食べました。

なかなかおいしかったのですが、ホットモットのほうがよかったかも?

かすかに七味が入っているようでした。

2016年5月30日 (月)

チコリ 5月30日

Img_3065

Img_3066

チコリの蕾の様子です。

何度も言いますが、購入時の黒バラみたいな風情はなく、たぶん普通のチコリと同じでしょう。

ハーブには詳しくありませんが、かわいい花が咲くんですよね?

どの分野もカオスです。バラ、ハーブ、多肉。

一口に園芸といってもいろいろで、適当にやるのが一番です。この世にはいろいろ興味深いことがたくさんあり、人生の時間は限られてます。

ボレロ 5月30日

ボレロの蕾です。
自分にはバラ栽培は無理と思ってましたが、
よしうみバラ園で、品種名をしっかり記録しながら写真を撮るうちにカオスが見えました。

時々、感じるマニアへの誘惑・・・

いやいや今はまだやりかけのことが

凝りだしたらキリがない趣味。
例えば鳥撮り
例えば天体

例えば・・・バラ


まあ、バラは君だけにしよう。ボレロ


2016年5月29日 (日)

花のち晴れ 28話 感想

互いの気持ちを試すかのように、ダブルデート。

天馬はやっぱりパーフェクトな男⁉︎

ハルトに勝ち目ないみたいに見えますが、余裕に見える天馬に心の揺れを感じます。
音の気持ちを掴んでる自信がないのです。

で、ボーッとしていて観覧車に一緒に乗ってしまった音とハルト。
地上に降りるまでにハルトは告白なるか?
仮に告白してもメグリンとデートしてるハルトが自分を好きとか音は信じないですね。

メグリンと天馬は、待つのもなんだしどうせなら一緒に乗ればいいんですが、それはしないかな?
2人で互いの恋する相手を手にいれる密約でもするのかしら?

次回は休載だって! 1か月後なんて月刊誌ですよ。無料で読めるから文句は言えません。

2016年5月28日 (土)

雨の時いきいきしているサンパチェンス

Img_3051

真夏の水やりはたいへんですが、雨が続いてもいきいきしている花なので

梅雨の時はいいなと思うのです。ある意味、あじさいに近いかも?

これからはこの花のシーズンです。

2016年5月27日 (金)

ティントクローバーとマックスマムとさくらさくら 5月27日

Dsc02933

購入時の印象と違い、葉っぱが大きくなり、単なるシロツメクサみたいに見えてきます。色はまあちょっと違うんですが。

シロツメクサとアカツメクサのコラボが気に入ってます。

Dsc02935

大きくなったマックスマム。梅雨入りがいつかわかりませんが、その頃には刈り込もうと思ってます。

Dsc02934

代々刺し芽更新で何年も続くさくらさくら

来年はこのペチュニアを増やして庭一杯にしようかとそんな計画も立ててます。

今年は赤・白・ピンクのペチュニアが揃いました。苗は順調に育ってるから種まき苗も咲くと思います。

今日は照り焼き弁当

Dsc02932

過去記事見たら、絶対似たようなお弁当を作ってるんですが、撮ってみました。

白米の湯気でレンズが曇ってます。

2016年5月26日 (木)

ハルトの超えるべきもの~「花晴れ」今後の予想

Dsc02930

このところ、「花のち晴れ」が面白くなってきました。

私は天馬が完璧な人とは思わないし、むしろ完璧だと周囲に思われてしまった孤独でナイーブな少年だと思っています。どうして音は彼に応えてあげないの?という気持ちにさせられるだろう・・・・そう思っています。

愛莉でさえ、ハルトでは叶わないという天馬。本当はそんなことないんだと、音に対しては少しづつ本音の自分を出していくかもしれません。

ハルトの本当のライバルが天馬とはどうしても思えないんです。

ハルトは道明寺司に憧れ、彼の生き様を知っていき、同じような軌跡をたどっていく・・・一人の女の子に真剣に惚れ込んで成長していく少年の物語ではないか。

私の勝手な予想で「花のち」の花が指すのが、天馬か司か迷ってはいます。

司の後の時代に頑張った少年の物語だと思ってるのです。

ハルトと司の共通点はどちらも自分の恋に最初から確信があります。ところがヒロインは苦労人で、彼らより大人で、周囲の状況とか、彼が頼れるかどうか悩むんです。

ヒーローがもっと男として成長してくれないとなかなか厳しいのですが、結局、不器用で一途な愛にほだされていくんですね。たぶん

音は一人っ子のような様子ですが、ハルトの親族はまだ登場しません。強力な父希望です。
もう楓はいらない。

あと天馬ですが、継母の子供、たぶん異母弟か妹はいると予想します。それがさらに天馬が優等生を演じ続けざる得なかった背景に繋がるのでは?

仮に継母さんが天馬に配慮して子供を作らなかったとか言うと、ますます天馬は優等生で頑張らねばならなかっただろうし・・・

正直、音と彼がくっついて欲しい気持ちもありますが、ハルトのターンに期待します。

今後の予想を含めた私の妄想でした。

種まきペチュニア 5月26日

紙コップに収まっていた苗が、もうこんなに大きくなり、市販の苗と変わらない大きさになりました。
種まきの醍醐味でたくさん育っています。

今年はあれこれ手を出すのをやめました。
水やりが辛い夏がやってきます。


2016年5月25日 (水)

花を待ち望む 5月25日

Img_3022

いよいよチコリが花を咲かせそうだったり

Img_3023

白バラのボレロが咲きそうだったり、ささやかなしあわせ。

「バラが咲いた」という歌ですが、私は真っ赤より純白かクリーム色のほうが好きです。

赤いバラは定番ど真ん中過ぎて、ダメかも。そういうガラじゃないとか、そんな感じです。

プロフィール

フォトアルバム

まるこみあ

ぐうたらだけど好奇心旺盛な地方の主婦。

アクセスランキング

お気に入り

Instagram
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村
Flag Counter