« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

勇者リンクが好き


うちの子の誕生日です。
メールで壁紙を貰いました。

年明けの最新ゼルダの新作待ってます!


2016年11月29日 (火)

パンジー、ビオラと水仙 11月29日

虹色スミレのスイートハート、フローラルデイズのモーニングデュー、るびーももかimpです。

同系色でいい感じです。
異常気象がなければもっとたくさんありました。

唯一、株で購入したビオラ

フィオリーナ オーロラ。
一株で大株に育ってます。

ビオラとパンジーの境界はわかりませんが、パンジーなら小から中輪を好む私には、どちらがどうだかわかりません。
花の大きさは近いです。

サカタで注文していた水仙のペーパーホワイト。
なかなか届かないと思ってましたが、着いてすぐ埋めました。

球根って植えつけたというより、埋めたって感覚です。
すぐ芽がでて、早い生長です。
過去の品種は発芽に時間がかかった気がして電話で問い合わせたこともあるんですが、種苗会社も、適時に発送するようになったんですね。

たぶん前の品種は発送が早かったんでしょう。
球根って時期まで眠ってますから・・・

白水仙が好きで、白だけ選んでます。

2016年11月27日 (日)

花のち晴れ 38話 感想

近衛の思慕は予想通り滑りそう。

天馬に嫌われたと思ったらまた自殺しそう

音への本音炸裂

音はハルトの秘密を知った時と同じく、英徳狩りの黒幕が近衛だとバラさないと思います。

多分、近衛が音に何がしか攻撃してるのを、天馬が庇う。

そんなことから発覚するんでしょうね。
それに天馬ってすごく頭いいキャラ設定じゃないですか? これくらい気付くって・・・

そうなったら近衛は、すごく惨めになり、音がフォロー。天馬にとりなすとか


この人、たぶんBLだから音には惚れない・・・・

ただ人として認めるという線にはなるかもしれません。

2016年11月23日 (水)

クロちゃん★に

後から入れた金魚が病気を持ち込み、クロちゃん死亡。花壇に埋めました。
残り二匹はバケツで薬浴中。

アクアリストにはなれそうにないです。



ビオラとナイトフロックス

可愛く咲いてきたビオラと育ってきたナイトフロックス。どちら種まきしたもの。

ナイトフロックスは過密になってきたから植え替えるつもりが冷え込んできました。

秋がなくていきなりの冬


2016年11月22日 (火)

棺桶に入りました

家族葬の講座に来てます。
入棺体験しました。

生前入ると長生きするそう。

こうなったらカノープス見てもいいと思います。
長生きなんてろくなことなさそうだけど

snsやblogが生きた証になる?

う〜ん、これは遺言しとくべきですね。
ちなみにこのサイトはプロバイダ契約が無くなれば消えます。

終活ってこういうのでしょうか?
この会に参加したのは、ただのなり行きですが

家族葬向けのこぢんまりした会館です。

遺骨は完全に粉状にして散骨するのは、法律違反ではないようです。

私は実母以外、本気で愛情持ってくれる人など存在しないので、母が亡くなったら、この世にいる義務はないような気がします。後はただ私からエネルギーを奪っていくだけで、こちらが悩まされる人しか残りません。この人たちは置き去りにして先に逝きたいです。

残された人がどう思おうがどうでもよく、私の悲しみが無くなればそれでよいのです。

津波の報道

Dsc03372

ここは福島から遠く離れた四国ですが、朝からずっとほぼどのチャンネルもこれです。

NHKのラジオもつけました。

マスコミなんて邪悪で、まともに人命救助なんて考えてないと思ってましたが、この件では真剣に仕事してるのかもしれないと思いました。

というか、該当地域に住んでいたらその通りに逃げます私も。

しかしこれを全国に同時に流してるとしたら、それはよい意図なのか?

よくわかりません。

2016年11月20日 (日)

夏越しシクラメンと雲南サクラソウと七福神

夏越しシクラメン
葉ばかり巨大化し、全く花の気配なし

種まきの雲南サクラソウは順調に育ってます。

紅葉した七福神

いい感じです。

パンジー・ビオラ咲きました!

フローラルデイズ モーニングデュー
綺麗です。

虹色スミレ スイートハート
単色で初めての種まきです。

るびーももか imp

ローズ色という感じです。
3種の種まき品種。
今年は野菜が高騰したように天候不順で生育悪く人におすそ分けできるほど育ちませんでした。

唯一のビオラ購入株、フィオリーナ・オーロラ

久々のパンジーとビオラのupです。

2016年11月13日 (日)

花のち晴れ 37話 感想


嘘っぱちの俺だから、本物しか欲しくない。

出会いは最悪。
最初からハルトの弱さを知って出会った音は、ハルトの本物、本気で恋した初めての少女。

メグリンは、まだハルトに幻想を抱いていたのかもしれません。

しかし、音の母は、勝手に娘に願望を押し付けるところはつくしの母と同じですね。
そしてそれを受容してしまう娘。

で、もっと突っ込むとこの受容的な優しさが、孤独な坊ちゃんの心を惹きつけるんです。依存心の強い親をもった苦労性のやさしい性格が・・・

これは一見してハルトとお似合いな恵であるとか、司にお似合いのお嬢の滋なんかもそうだったんですが、彼女らは積極的に責めていくタイプで、実はそれほど受容的な性格ではありません。

つくしも音も母性的な性格なんです。



音の母は娘を英徳に入れる夢と、天馬と結婚させる夢と両方にこだわりますかね?
それとも玉の輿ならなんでもいいとハルトにあっさり陥落か?
そこらへんは不透明です。

ただ天馬の存在がハルトの壁をとてつもなく高くしてます。頑張れハルト!

プロフィール

フォトアルバム

まるこみあ

ぐうたらだけど好奇心旺盛な地方の主婦。

アクセスランキング

お気に入り

Instagram
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村
Flag Counter