« レスポンスが薄くても書き続けられる・・・・ | メイン | 花のち晴れ 40話 感想 »

2016年12月24日 (土)

「花より男子」が私の中でリアルに

ネットサーフィンしてるうちに、無尽蔵な情報の中から、興味をもってしまい、次々に調べてしまうことがあります。

英徳学園のモデルは慶応なんだと思いました。なんとなくまことしやかに書かれてましたが、私にもそうだったのだと合点がいきました。

三田会という日本最大学閥があって、政財界を支配してるのだと。

幼稚舎から大企業のジュニアたちがいて、堅固な人脈を作っているのだと。

漫画のF4まんまかどうかはわかりませんが、もしかしたらあれより凄いのかもしれないし、漫画のほうが荒唐無稽な部分もあるのかもしれません。

戦後の財閥解体について書かれた新書なども読んでみて、どこにそんな世界があるのだろうと疑問に思ってましたが、それに近い世界は確かに存在するのでしょう。

リアルに社会事件では、集団暴行事件があったんですが、類似の案件で東大や早稲田は逮捕者も出て、徹底的に叩かれいるのに、慶応の事件は、実名報道もなければ、逮捕者も出てません。

それはマスコミにも法曹界にも警察機構にも影響力があるってことなんではないでしょうか?

日本のトップ紙幣の肖像はずっと諭吉だし、あれは三田会が日本を支配してる象徴なんでしょう。

牧野つくしみたいな立場の人が、そういう場所のトップに見初められるなんて、あるのかどうかわかりませんが、才覚があれば、見初められることもあるのかも。

あれだけタフで人心を掴むことができるのであれば、私だったら嫁にスカウトしたいような気もします。

単純な漫画道楽のつもりでしたが、これはアリかも。

三田会の世界って考えると、ハルトが英徳を守るために頑張るのも、カリスマ道明寺に憧れるのもわからなくもないかな

そんな財閥の家系なら、資産家の美人と結婚するから、跡取り全員が超美形なのもうなずけます。ずっと代々美女の遺伝子が入るので・・・・

スター野球選手とか、顔で選んだのかっていうくらい美女ばかりと結婚しているし、セレブは美女と結婚するんでしょう。

できれば弘兼憲士さんあたりにリアルに描いてもらえないだろうかと期待しますが、たぶんそれはないでしょう。

ただ、私ごときが知ったところでどうにもならないように、みんなが知っていても無力だろうから、描かれてもいい世界なんです。

一万円札が元の聖徳太子に戻ればいいと個人的には思っています。

決してよい支配者という気がしません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/642849/34021698

「花より男子」が私の中でリアルにを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

まるこみあ

ぐうたらだけど好奇心旺盛な地方の主婦。

アクセスランキング

お気に入り

Instagram
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村