« 音は天馬に恋はしない | メイン | 雲南サクラソウ 2月21日 »

2017年2月19日 (日)

花のち晴れ 43話 感想


素人相手にぼこるわけないですね。

天馬は冷静で頭がいいのに。

隠れたギラついた性格が現れ魅力が増したようです。

予想通り彼は武道も杉丸より優れてますね。

勝ち目のない戦い

ハルトは何もかも失うのか?

かつて通販の開運グッズに頼っていた素の自分を、衆目に晒すのではないか

ありのままの弱さを晒し、戦う

つくしがTOJに参加した時に似てる気がします。

英徳の新しいリーダーは、かつてのカリスマでなく等身大の存在になっていくのではないかと

弱くても捨て身で戦うリーダーって中々いません。私がそんな人に遭遇したら惚れ込みます。

ハルトは今までの演じて美化された姿を捨て、ありのままの自分で勝負する。
それは音との出会いだったし、友人たちはそのままのハルトが好きだと思います。

少なくとも海斗は最初からハルトを理解していたし、他のコレクト5のメンバーもそう

彼が好きで仲間で一緒にいるのではないかと

英徳全体がそうなれば再生すると思います。

そこまでは山あり谷ありかと


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/642849/34039169

花のち晴れ 43話 感想を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

まるこみあ

ぐうたらだけど好奇心旺盛な地方の主婦。

アクセスランキング

お気に入り

Instagram
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村
Flag Counter