« 花のち晴れ 48話 感想 | メイン | 竹林の恐怖・・・ 2017年版 »

2017年5月 1日 (月)

今後の予想 48話以後

益荒男祭、不戦勝でハルトが勝者となりました。

近衛が陰で卑劣なことをしていたと知った天馬は、仮に力でねじふせてもハルトに勝利したとは思えなくなっていました。

音を信じることができなかった。それは天馬にとっての敗北を意味していたから。

圧倒的強さを見せつけて、無慈悲にハルトを叩きのめすはずだった。すべてを失わせるつもりだった天馬ですが、自らの正当性を信じられなくなりました。

近衛は天馬を慕っていたわけですが、天馬と本当の意味での友人関係を築くことができなくて、まるで音と天馬の関係のようです。近衛は天馬を裏切ったつもりはないのです。わかっていなかっただけ。それは天馬の音への愛情と同じです。

私はここでハルトが完膚なきまでに打ちのめされてしまったほうが、音はハルトのところに行けた。四条大橋に行くことができたはずだと思います。

ハルトが本物しか欲しくない。まやかしの自分を棄てて、弱さも晒して戦ったように、天馬もむき出しになってしまった気がします。容姿、頭脳、スポーツ、家柄と何もかも持っているように見えたのですが、音への愛情で負けた。

近衛は、天馬にとってどういう存在だったのかと思うんですが、これからは彼は本当の意味での天馬の友になれるのであろうか?

不良三人組にのされたあと、どうなっていくのかと思います。

適当な想像ですが、四条大橋に行こうと思っていた音が、その辺で倒れている近衛を見つけて、119番したりしてるうちに行けなかったとか?

今後のテーマはずばり、天馬と近衛の救済・・・って一回休載じゃないか!

天馬と近衛を助けるのは音もそうだけど、やっぱハルトでしょう。

彼には暖かみがあります。幼稚舎時代、デブの愛莉をやせっぽちでも背負っていったみたいなところがあり、他のコレクト5のメンバーがなぜハルトと仲良くなったのかエビソードが明かされるといいなと。他のメンバーはちょっとキャラがまだ薄いような気がしています。

私がこの作品の感想を書きだした動機ですが、「まつりスペシャル」と「いばらの冠」が長期連載にならなかったからです。花男以後だって良い作品はあるのに長期連載が少ないので、絶対花晴れは長く続いて欲しい。要するに盛り上がってほしいと。

微力ながら、少しはそうなってくれてるのでしょうか?

検索では「ネタバレ」という用語も多いです。私もよくやります。いちいちどの漫画も全部買うことなんてできませんから、ネタバレで満足しようって思うんですね。あるいは買う買わないの判断材料です。

私は花晴れはすべて電子書籍で購入しています。

実はイラストの見本的意味合いも持っています。好きなんです。神尾先生の絵が・・・・

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/642849/34058256

今後の予想 48話以後を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

まるこみあ

ぐうたらだけど好奇心旺盛な地方の主婦。

アクセスランキング

お気に入り

Instagram
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村
Flag Counter