« 花のち晴れ 52話 感想 | メイン | 花のち晴れ 54話 感想 »

2017年7月23日 (日)

花のち晴れ 53話 感想

ハルトが成長した感じがします。

メグリンが久々に登場。
なるほど海外ロケだったか!

展開は半年後の夏って、みんな高3なんですかね。

まだハルトの決心て謎です。

音から離れる決意ではあるんでしょうね。
やはりどこかへ行くのではないかという気はします。

近衛が音を「江戸」と呼ぶ。違和感があったんですが、そう彼女の姓は「江戸川」です。

近衛は未だ音を嫌っていながらも、前みたいなエグいことはしなさそうです。

トナカイのコスプレをさせる程度のイジワルに止まるのだろうと。

天馬くんのハルトに対する謝罪もとても率直で賢かったです!

彼もやはり表面的なものだけで優劣に偏る人間ではなかったと。

腕の神経がどうなるのか心配ですが、基本ハッピーエンドなはず!

なんとーく、作品に漂う雰囲気で。

これが現実世界のことなら、そりゃあ心配なんですけどね。甘くないから。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/642849/34073327

花のち晴れ 53話 感想を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

まるこみあ

ぐうたらだけど好奇心旺盛な地方の主婦。

アクセスランキング

Instagram
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村
Flag Counter