« 10万アクセス突破しました。 | メイン | ウインティーとマラコイデス »

2018年2月 4日 (日)

花のち晴れ ~65話 感想

01bb643fcc543ac2b91aa2206fb579545f8

また音とハルトがきまずい決裂

ウィンザー景は、花男の海ちゃんみたいなもんだと思います。

男女逆転してるけど、ハルトのものを奪いたいんですね。

だけど景は、本気で音を好きになってしまい、悪巧みをやめるんじゃなかと予想。

あるいはハルトが後でリベンジするのかもしれません。

01589fa0da45c882b65c08e37c4b9f79007

愛莉は天馬に恋して、どうしようもない思いを抱えてます。

音に嫉妬しつつ、音が大好きで、傷つけたりしたくない。

頼りたいのに頼れない。

それはこのとき、音も愛莉も互いにそうだった。

ハルトに傷つけられて愛莉といっしょにいたい音、天馬への叶わぬ恋に悩む愛莉。

私は連載当初から思っていたことは、海斗は愛莉が好きだと思うんです。

これからそれが出てくると予想します。

花晴れ面白くなってきましたね!

ではまた

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.enjoy.jp/t/trackback/642849/34104912

花のち晴れ ~65話 感想を参照しているブログ:

コメント

かなり久しぶりに拝見しました!
花男はやっぱり少女漫画だったなあ、という違いが景くんの登場で実感しました。よくひねくれキャラ投入してきますけど、今回景くんは闇が大きいです。それも運命と割り切れ無いのは若さ故かと。
完全にただの妬みや憎しみ、屈辱からくる単純な嫌がらせ(本人は頭良過ぎて自覚なさそう)だから、幼少期の影響というか育ちの悪さは、他人に批判されたり蔑みを受けた時に出てしまうものかもしれないな、と改めて感じました。辛かったことや怒りを消化すれば違う人生が開けたはずなのに(それはこれからなのかなー?)。
金持ちの苦労知らずより、苦労を知っていて賢いだけにかなり強烈な闇を放ちそうで、私は少しゲンナリ、、、でも、不器用でも真っ直ぐなキャラ達が好きなので楽しみにしています。

mint様、コメントありがとうございます!

そうですね。不器用だけどまっすぐなキャラたちが魅力的ですよね。
神尾先生は、悪いだけで終わる人は書きたくないって漫画のサイドエッセーに書いてたので、景くんも悪人だけでは終わらないと思います。
後味悪い展開にはもってこないでしょう。たぶん
でも途中までは少し嫌かもしれないですね。

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

まるこみあ

ぐうたらだけど好奇心旺盛な地方の主婦。

アクセスランキング

お気に入り

Instagram
Flag Counter