旅行・おでかけ Feed

2015年9月24日 (木)

名古屋市科学館

Dsc03577

名古屋市科学館を見下ろせる観覧車から撮影した写真。

私でなくて夫と次男が一泊旅行しました。勝手にするがよかろうとほっておいたのですが、現地からうるさいくらい電話してきて、ネットで現地情報を調べろと言われました。

そんなもんその場所に行った人間が一番わかるだろうがと思ったんですが、ネット情報に距離はないのです。

自分で調べろよと本当は言いたかったけど、言いません。利益なき波風がたつから。

でもなんだか実際に名古屋に行ってきたような気がします。プラネタリウムは是非見たいけど、距離、時間、お金の問題でそうそういける場所ではありません。

本物の星空にはかなわないし、できれば光害のない空気がきれいな場所に行きたいです。夫と子供たちをすっぽらかして一人でどこか遠くに行きたいと妄想上ではいつも思っています。

家族の誰とも趣味があいません。でも私は彼らにあわせないとならないし、どんなに気を使っても結局は罵られるので、聞き流すことにしています。その分勝手に自分で楽しみをみつけているのです。そしてある程度はあわすけど、ある線からは完全無視しています。

2015年9月10日 (木)

砥部焼観光センター 炎の里

Dsc01854

Dsc01853

砥部焼のてびねりを体験してきました。自分はどうでもいいので子供だけです。

手伝いました。

ろくろは無理だけど、これなら何とかなりましたね。

2015年8月24日 (月)

特別展アマゾン 愛媛県総合科学博物館

Img_1137

アナコンダの動くロボット。作り物とわかってても怖かったです。

Img_1095

Img_1099

Img_1105

Img_1134

Img_1135

Img_1136

Img_1144

Img_1150

Img_1151

ペチャンコのカエル。ど根性ガエルのリアルびょん吉を見たような気がしました。

Img_1153

目的はプラネタリウムで、特別展のことは知らなかったのですが、面白い魚たちがいました。やっぱりペチャンコのカエルのインパクトは強いのですが、名前を見るのを忘れました。

知り合いにアマゾン展に行ってきたと話すと、通販のAmazonと間違われました。通販会社のイメージのほうが大きいのかも。でも私の場合はアマゾンライダーかな? まあ、あのシリーズはV3で終わってると思ってますが・・・

2015年8月11日 (火)

いよてつ高島屋の水族館

Dsc01790

“南海の楽園”タヒチと南太平洋の水族館という催しものに行ってきました。

Dsc01805

Dsc01807

Dsc01789

去年行ってみて、予想外によかったから今年も行ってみたんですが、去年よりもしょぼかった感じです。ちょっと残念です。去年のほうが予算をかけていたような気がします。

目玉という目玉もなく、ウツボが迫力あったなというくらいです。

2015年5月20日 (水)

よしうみバラ公園に行ってきました

Dsc01305

ずっと間近で見たかったバラのアーチ

Dsc01283

見渡す限りのバラの波

Dsc01291

Dsc01303

あふれんばかりに咲き誇るバラ

Dsc01315

バラのタワー

Dsc01317

フェンス一面のバラ

Dsc01328

紫のバラの人・・・

Dsc01329

Dsc01336

アイスバーグ。聞いたことのある名前もありますが、たくさんありすぎて覚えられません。

Dsc01346

Dsc01340

パーゴラのバラも美しい

Dsc01298

アプリコットの色合いも素敵

Dsc01397

Img_0772

ローズヒップ入りのローズソフト

Dsc01410

一眼レフと三脚持参で撮影する人 

Dsc01354

どれか一つだけ選べと言われたら、選べないですね。

Dsc01417

直売所の一年生苗をものすごく悩みましたが、強香と書かれた一株を選びました。

木立性の品種です。背が高くなるし鉢植えにはあまり向いてないらしいけど、とにかく香りが好きだったのでそれにしました。

ロザリアンには絶対なれませんが、一株くらいきれいに咲かせてみたいです。

もうすぐバラ祭り、満開です!

2015年5月 3日 (日)

大三島参道マーケット

Dsc01160

みきゃんの中の人と夫が話したことがあるのですが、暑くてたいへんで、きぐるみを脱いで数日乾かさねばならないので、三体くらいでローテーションを組んでいるそうです。中の人も何人か交代しながら仕事してるそうです。

Dsc01159

Dsc01156

きれいな布でできた牡丹

Dsc01155

Dsc01154

私の場合、買うより作りたいんです。こういうのが

Dsc01137

移住してきた方が作ったイノシシ肉のオムライス。参道マーケットには行く予定でしたが、昨日のテレビでこのオムライスのことが取り上げられてて、食べてみたいと思いました。

みかんで炊いたご飯に、デミグラスソース。柑橘とのバランスも絶妙でした。イノシシと聞かなければビーフだと思ってしまうような味でした。

Dsc01139

もう少しイノシシ肉を堪能したくてイノシシ汁を隣の店で頼んでみました。豚汁という感じでした。こちらも何も聞いてなければ、ちょっと歯ごたえのある豚肉と思ったかもしれません。

Dsc01140

レトロなたたずまいの交番

Dsc01145

Dsc01146

木工やクラフトのお店

Dsc01149

Dsc01150

陶芸や工芸品のお店

Dsc01151

切り絵の展示もありました。

Dsc01162

Dsc01163

今では定期便がなくなった宮浦港。

昔は、ここからフェリーで降りた人々が参道を通り大山祇神社に参拝していたそうです。

実は私も初めて通りました。車で来ることが多くなってこちらの道を通ることがなくなったのですが、母や祖母の世代は慣れ親しんでいました。

大三島の藤公園

Dsc01099

Dsc01113

見渡す限りの藤の道。たくさんの木がよく手入れされていて本当にきれいでした。

Dsc01135

参道に向かいます。

Dsc01133

Dsc01134

Dsc01132

カラフルなデザインのご当地マンホールです。

2015年4月30日 (木)

別子銅山跡(東平ゾーン)を訪ねて

Dsc01010

Dsc00991

東洋のマチュピチュというキャッチフレーズのこの場所。ガイドさんによると旅行会社の人がネーミングしたそうです。

Dsc00999

透明アクリル板のラインに沿って山々が見えるはずなんですが、あいにくの濃霧です。

Dsc01013

Dsc01029

Img_06202

Img_06192

Img_06212

Img_0624

きつい労働だったけど、確かにそこには家族の絆や幸せがあったのだと思います。

銅山の福利厚生はとてもしっかりしたもので、病院や娯楽、あらゆるものが当時の最先端であったそうです。住友という企業は、働いている人たちをとても大切にしていたようです。

ガイドさんがいないと何が何だかわからなかったと思います。

Img_0630

Img_0627

無料で見られる資料館の展示です。

Dsc01047

このパネルを曲がってからが、細いくねくねした道です。運転できないこともないのですが、怖いですね。最初にマイクロバスで通った時は、無事に帰れるかなとチラッと思いました。

Dsc00986

マイントピア別子から出てる定期観光バスです。

Dsc01042

離合がたいへんなんですが、こういう時、バイクはいいですね。

驚いたのがこの急斜面の道を自転車で来ている強者がいたことです。しまなみで国際サイクリング大会が成功してから、東平(とうなる)まで上がってくるサイクリストが増えたそうです。

それまではいなかったとガイドさんが説明してくれました。

Img_06172

ここからバスに乗りました。

Img_06152

バスチケットについていた割引券で「いよかんソフト」を買いました。

ご当地ソフトに弱い私です。

あまりにも楽々と短い時間で行けてしまいました。この山道を徒歩で歩いた人のブログを見るとかなりきつそうですが、たくさんの史跡の写真が載っていました。今はネットでいろんな人が写真をupするので行ったことのない場所もわかりやすくなりました。

それでも実際の自分の体験はいいものです。ネット情報のおかげでいろんな場所に行く敷居が低くなっています。

2015年4月28日 (火)

小島の芸予要塞に行ってきました

Dsc00810

Dsc00811

大久野島に行ってから、こういうのどこかで見たことあることに気づき小島に思い当りました。ネットでしか見たことのない島へ行ってみることにしました。うさぎもいないし、休暇村もなく、あるのは港に自販機が一つだけ。それでも史跡はこっちのほうがたくさんあると思います。

Dsc00839

Dsc00847

Dsc00854

Dsc00862

Dsc00866

Dsc00872

Dsc00829

Dsc00880

Dsc00894

Dsc00897

Dsc00907

Dsc00913

Dsc00925

Dsc00931

Dsc00954

Dsc00958

Dsc00961

廃墟のノスタルジーというか、過去への郷愁を感じます。自分が生まれる前のはるか遠い時代へ思いを馳せます。その人たちの魂はどこにいったんだろうと。

Dsc00798

波止浜港から小さな船に乗って島に行くことができます。少ないですが人が生活しているし、郵便屋さんも通っています。定期船です。

一度上陸したら、次の船まで二時間、陸地に戻ることはできませんが、歩いて史跡めぐりするとちょうどいい滞在時間だと思いました。

耕三寺に行きました

Dsc00784

Dsc00723

拝観料というか入場料が1200円は迷いました。でもせっかく来たのだし、また来るかどうかもよくわからないので見ておくことにしました。

Dsc00742

とても色鮮やかで、和風? よくわからんけど台湾とかタイの寺院ってこんな感じだろうか?と感じたりしました。

Dsc00747

今のこの時期のこの場所の魅力は新緑のもみじでしょうか。紅葉の時期に来たらまた違ったよさがあると思います。

Dsc00763

「未来心の丘」という大理石のオブジェの場所から

Dsc00756

素晴らしい景色が広がります。

Dsc00752

白い大理石とオリーブが、何となく地中海を思わせます。

Dsc00769

藤棚もきれいでした。

Dsc00780

涼しい洞窟というか地下道もあります。東南アジア風寺院、地中海エリア、そして洞窟。耕三寺は魅力的な場所でした。

Dsc00785

しおまち商店街も心惹かれるものがありましたが、時間が限られているので帰路につくことにしました。いっぺんに欲張らず、たどりつけたことを喜ぼうと。

今更なんですが、西瀬戸自動車道が全線開通してもうすぐ16年。今治から便利に本州にわたるくらいにしか考えてなかったんですが、魅力がだんだんわかってきた今日この頃です。

健康でいられるうちに、いつか自転車で渡るのもトライしたいです。いつになるかわかりませんが。

プロフィール

フォトアルバム

まるこみあ

ぐうたらだけど好奇心旺盛な地方の主婦。

アクセスランキング

Instagram
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村
Flag Counter