花のち晴れ Feed

2018年2月19日 (月)

花のち晴れ 66話 感想

 

これってやはり、海斗は愛莉が好きなんだと思うんですよ。

で、お決まりのパターンで、海斗にはまだ自覚がない?

コレクト5の世話役の立場だからっていうよりも、これはもう愛なんじゃないかと。

愛莉がまだハルトに片思いしてたころから、初期からずーっと私は思ってました。

愛莉と海斗はぴったりなんですが、くっつくかなあ。

くっついて欲しい

コレクト5の男性陣の活躍がまだ少ないので、これから出てくると予想。

天馬とハルトがサシで対決だったのに対して、

このウィンザー景は、ハルトの人望とかそういうのに負けるかもしれない。

力では彼のほうが勝ってるけど、人望で敗北する気がするんですよ。

天馬がハルトに負けたのは音への想いだったけど、

次なるライバル景には、人望で敗北する気がします。何となく

あと、彼もやっぱり音に惚れて身を引くんだろうなあ。

本気でないなら、強引に奪えたのだろうけど、本気になったらできないみたいな

2018年2月 4日 (日)

花のち晴れ ~65話 感想

01bb643fcc543ac2b91aa2206fb579545f8

また音とハルトがきまずい決裂

ウィンザー景は、花男の海ちゃんみたいなもんだと思います。

男女逆転してるけど、ハルトのものを奪いたいんですね。

だけど景は、本気で音を好きになってしまい、悪巧みをやめるんじゃなかと予想。

あるいはハルトが後でリベンジするのかもしれません。

01589fa0da45c882b65c08e37c4b9f79007

愛莉は天馬に恋して、どうしようもない思いを抱えてます。

音に嫉妬しつつ、音が大好きで、傷つけたりしたくない。

頼りたいのに頼れない。

それはこのとき、音も愛莉も互いにそうだった。

ハルトに傷つけられて愛莉といっしょにいたい音、天馬への叶わぬ恋に悩む愛莉。

私は連載当初から思っていたことは、海斗は愛莉が好きだと思うんです。

これからそれが出てくると予想します。

花晴れ面白くなってきましたね!

ではまた

2018年1月25日 (木)

花のち晴れドラマ化

花のち晴れ、ドラマ化だそうです。

私は微妙ですね。

実写は好きではないのです。

それでもこれで花晴れの連載は長くなるでしょう。

それだけが嬉しいです。

2017年11月26日 (日)

花のち晴れ 感想 61話

01750c797160c6d180658c61a028ed94051

「ただいま」「おかえり」でときめく二人。

この世の中で、自分の孤独を癒してくれるたった一人の相手になってきたんですね。

今回は一ヶ月ぶりの更新でした。

神尾先生はスペインでサイン会をしていたらしく、ヨーロッパにファンがたくさんいるみたいです。

このサイトも海外からアクセスがあって驚きと感動がありましたが、実際に海外に花男ファンがいることを知りました。

さて、今回、ウィンザー景というエリート美少年が気になります。

スペック的にはやはりハルトより優秀なんでしょう。

天馬の時もそうだったんですが、私はウィンザー君が、天馬と同じ経緯をたどる気がしています。

彼も音に好意を持つし、ハルトと敵対しながら、最後にはハルトの友達になるような気がしています。

ハルトにはつくしも少し入っているので、敵を落として味方にしていくって気もするんですよ。愛されキャラだなあと。

2017年10月29日 (日)

花のち晴れ 60話 感想

01f94c0d90d5e776c3b593a181d3b291c1e

ハルトの父がなかなか強烈で、どういうつもりなんでしょうね。

ハルトは音とこれをきっかけに家に泊めてもらい和解したようです。

都合よくあの変なお母さんも留守で二人きり。

まったく予想できない展開なんですが、ハルトの父は音との交際には反対していないのか?

しかし、養子のウィンザーがバイト中の音のところにやってきて、ハルトを突き放すように言ってくるのですが、音が言いなりになるとは思えません。

ハルトの父の刺客なのか、彼自身の考えなのか?

なんとなくウィンザー君の考えみたいな気がします。

そして音を落としにかかるんだろうな~

でも音は落ちない。

ハルトがどうやってこの苦境を乗り切るかというと

想像ですが、人と信頼関係を作る能力かな。

敵を味方にしてしまう能力。

天馬と友情を築いたし、このウィンザーも、仲間になるかもしれない。

孤独な人みたいだし。

養子君もいずれハルトと友になる気がします。

ハルトに意地悪しまくるんだけど、最終的にハルトは許し、受け入れる。

そこに絆されて惚れこむ。

そうなるかなと。

優秀だけど凄い孤独で、やっぱり恋より友情が先だと思うんです。

もしかしてウィンザーは音に惚れるかもしれないけど、ハルトの友になるという気がします。

愛莉みたいなパターンで。

ハルト父は、ハルトに何を望んでるんでしょうね?

強制的に政略結婚っていうのでなくハルトそのものがしっかりしたらいいみたい。

ある意味、司のときは、すでに王者の風格があったかもしれません。

人間性があれだったんですが・・・・

2017年10月15日 (日)

花のち晴れ 59話 感想

Photo

期待通りの父でした!

花男で楓がインパクト強かったんで、ハルトのほうは父がこういうタイプであってほしい!

ずっと思い続けていました。逆パターンでこっちは一切母が登場しないのか?

そんなことも予想しましたが、花晴れは両親出てくるような気がしています。

ハルトは一人っ子なんでしょうね。なぜなら・・・・

Photo_2

養子が登場したからです!

こんな展開ありか?

嫌味なくらいに有能で、天馬の時と同じくハルトにまったく歯が立たず・・・

この養子はまたしても天馬みたい音に惚れたりして奪いにくるなんて展開もあるのかと思ったり、いろいろです。

愛莉が天馬に惚れたらしく、どうなるのか気になります。

なんとなく振られてしまうような気がします。

花男で優紀が総二郎と似合ってそうなのにくっつかなかったし・・・・

ハルトは家を追い出されどうなるのか?

政略結婚があったわけでなく、最初から後継者としての資質を問われて追い出される・・・

でも考えるに楓はつくしを選んだことに反対してたわけで、

父親で権力を振るうなら、やっぱり息子の資質を問うって納得です。

ライオンが我が子を谷底に落とすごとく、実はこれはハルトに期待してのことかもしれません。

養子の子も実は内心それもわかっていたりして・・・・

なんかこの養子君、デスノートの主役みたいな雰囲気だなあと。

性格もあんな感じに見えます。

2017年10月 1日 (日)

花のち晴れ 55話~58話

Img_1349

お久しぶりです。

他サイトを運営していて、こちらが疎かになっていました。

愛莉がいい子ですね。

音の高校最後の夏を楽しく過ごさせてあげたい。

ハルトとの気まずさの中でも、音は高校最後の記念のキャンプに参加します。

Img_1348

一人でシュノーケリングに参加するもなぜかハルトと鉢合わせする音。

京都の四条大橋で、これでもかというすれ違いだったのと打って変わり、こちらは避けても逃げられない運命のように遭遇する音とハルト。

Img_1347

二人して海の真ん中に置いてけぼりってあり?

こういう場合は海上保安庁に連絡じゃないかと思ったりしました。

ハルトと音を救助したのが、愛莉と天馬。

音を真剣に想う天馬の姿を見て愛莉の様子が変わります。

音を「羨ましい」と。

愛莉が天馬を好きになってしまった?という気もします。

ハルトに続き天馬にもこれほど想われている音が羨ましくもあり寂しくなったのかもしれません。

もちろん天馬にも魅かれたってことは考えられます。

で、これは私個人の予想なんですが、

海斗が愛莉を好きなんじゃないかと思ったりします。

愛莉がハルトを想ってる時は、黙って見守っていたかもしれませんが、相手が天馬になったら、

「ちょっと待ったあ」って頑張るってありではないかと?

ハルトよりも海斗のほうが、天馬のライバルになりえる気がしています。

頭脳と知性で勝負とか?

振られたもの同士でくっつく、あるいは主役の友人同士がくっつくという展開を神尾先生の漫画で見たことは今のところないんですが、花晴れではありかもしれません。

ところで、ハルトと天馬が互いを名前で呼び合うのって萌えますね。

コメントくださった方がいて励みになりました。

これからは隔週の感想記事をできれば続けてupしていきたいです。

ありがとうございました。

2017年8月 6日 (日)

花のち晴れ 54話 感想

 

何だか音そっちのけで男の友情を温めてる感じがイイ。

やはり天馬とハルトは友達になっていました。 これからは「ハルト」「天馬」と呼び合うんですね!

おばちゃんは嬉しい。

近衛が改心しそうな感じですね。天馬の怪我のことで目が覚めたようです。

音にももう意地悪しなさそうな感じ・・・・

ハルトは一皮むけてぐっと男らしくなったけど、冷たい瞳・・・ この冷たさはまだ音に惚れてるということだと感じますね。

今後の展開が楽しみです。

2017年7月 9日 (日)

花のち晴れ 52話 感想

Photo

天馬君の度量の広さに感動しました!

ただの優等生のスカシ野郎ではなかった!

もう一度チャンスをくれと音に言った天馬君に爽やかさと魅力を感じました。

これを機に音とハルトの距離がぐっと離れてしまったんですが、

ハルトの決心って何でしょう?

かつて司がバスケ対決のあと、NYに行くという展開がありましたが、あれを思い出します。

ハルトはどこか海外に留学でも画策してんのかなあと・・・・

2017年6月25日 (日)

花のち晴れ 51話 感想

Img_4148

今のような携帯、スマホが普及している時代に、やや強引な擦れ違いの展開ではありました。待ち合わせに行けないなら行けないで、電話なりメールなりで連絡できなくはありません。

でもそんな状況の中で、一晩待っても音沙汰なしの状態は、さすがのハルトにも決定打になったわけです。

それでもまだ彼が諦めきれないような気がします。

後から事情を知った時や、いつか音が自分の気持ちに気づき、ハルトにも伝わる瞬間が来るような気がしています。

「花のち晴れ」の本来の言い方は「雨のち晴れ」です。

ハルトが雨が苦手・・・そして雨の後には晴れが来るのだとさりげなく未来を予感される言葉。

ハルトと音が気持ちが通じ合う日は来ると予言してくれてる気がします。

友人たちが迎えにやってきた明け方。

天馬にはこういう友がいません。

恋も大切ですが、こういう友がいるかいないかで人生がまったく違ってくる気がします。

出会いもあるでしょうが、できればこういう友達がいてくれたらいいですね。

青春時代に・・・

プロフィール

フォトアルバム

まるこみあ

ぐうたらだけど好奇心旺盛な地方の主婦。

アクセスランキング

お気に入り

Instagram
Flag Counter